国 際 情 勢 ア ー カ イ ブ

=道AALA総会での報告=


                   北海道AALA副理事長  鈴木 頌

 ここ10年ほどの北海道アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会(道AALA)年次総会で,国際情勢報告として発表したものです.


ここでは年次総会に提出された国際情勢の部分を掲載します.なお一切の文責は私にあります.

1989年度1990年度1992年度 1994年度1995年度 1996年度1997年度 1998年度2000年度2001年度2002年度


せっかく国際情勢を載せたのですが,このままでは誰も読んでくれないことに気づきました.そこで,トピックスごとに目次をつけて,部分読みしやすいようにしました.
下記のトピックスのところから,対応する部分にジャンプできます.使ってみてください.
NEC98シリーズからマックに乗り換えたのが96年,マックからウィンドウズに乗り換えたのが98年でした.乗換えのたびにファイルが飛んだり傷んだりして,いまから見るとかなり欠けています.道AALAにはハードコピーがありますので,ご希望の方はどうぞ.

2002.1.03  


 

1990年度(20kb)

冷戦終結=一路平和論と南北対立主軸論の誤り   クーデター未遂とフィリピン右傾化   湾岸戦争とパレスチナの痛手   アフリカ諸国の内戦

1992年度(25kb)

ソ連・東欧崩壊の意味するもの   ソ連崩壊とアメリカの新「国防計画」   ガリ構想評価と安保理   ミュンヘン・サミットとグローバリゼーション

ODA大綱の危険な狙い   77カ国グループ会議の先進性   非同盟首脳会議(ジャカルタ)の意義

 

1995年版(45kb)

北朝鮮核疑惑とチーム・スピリット演習    東アジア戦略(ナイ構想)と95年国防報告    アメリカの核支配戦略とNPT無期限延長論

APECに示された米国の経済覇権主義

フィリピンと物品役務融通協定(ACSA)    運動の統一妨げる宗派主義(不寛容と暴力主義)    命運尽きたポルポト派    インドの「熱い夏」  

ネパール共産党政権の誕生        スリランカ人民同盟の勝利と和解への動き    謎の組織(?)「タリバン」の登場    パレスチナ暫定自治とPLOの統治能力

アルジェリア原理派の無差別テロ

ハイチへの米軍上陸とセドゥラ退陣   キューバ経済危機と難民問題    NAFTA不況とサリナス追放劇

 

1996年版(36kb)

米国の一人歩きとガリ構想の挫折    国連社会開発サミットが投げかけたもの    アメリカ覇権主義と国際人民連帯    アメリカ帝国主義の新戦略と東アジア

米国益押し付けの実験: 第二回アジア地域フォーラム(ARF)    アメリカの対欧州戦略とNATO    核兵器不拡散条約(NPT)の動向    WTOの行方

アメリカの対アジア戦略: その歴史的背景    東アジアにおける経済覇権の構造

 

1997年版(52kb)

韓国の大ゼネスト   北朝鮮の食糧危機    香港返還と台湾帰属問題    東南アジア金融危機    深まるインドネシアの政治危機   

権力争いの続くカンボジア    ラモスを再選断念に追い込んだフィリピン人民    東南アジア非核地帯条約とマハティール演説    タリバンの北進と挫折   

攻勢を強めるイーラム    ヒンズー宗派政党の議会進出と混乱    ブット政権の崩壊    パレスチナ暫定自治の定着    ハタミ大統領の就任と民主化への希望

死に体となったフジモリ    ヘルムズ・バートン法とキューバ

 

1998年版(33kb)

ナイ構想と日米ガイドラインの意味   米国の経済覇権主義がもたらしたもの    ダーバン首脳会議に見る非同盟運動の急進化    IMF不況にあえぐ韓国

 

2000年版(94kb)

ミレニアム・バージョンということで,これまでの中で最も包括的なレポートです. 目次 がついているのでそのまま進んでください.

2001年版(27kb)

NMD構想 に的を絞ったもので,評論のページからも行けるようになっています.

2002年版(40kb)

4月にペネズエラで起こったクーデターとその失敗の顛末を分析し,有事法制を語る上での資料としました.

 

著者のホームページへ