2011年8月 ブルガリア、ルーマニアに行ってきました
 イスタンブールから空路1時間、ブルガリアの首都ソフィアに入り、旧都プロヴディフ、ヴェリコ・タルノヴォ、ルーマニアに入ってシナイア、ブラショフ、シギショアラなどの旧市街や古城をめぐって、最後はブカレストへ、という一般的なツアーでした。バスで長距離を走り廻るわけですので、さすがに疲れましたが、何を見ても美しく、絵にしてみたい光景(もっとも国内でも近所でもそうですが)がずっと続いていましたので、寸暇を惜しんで目を凝らしていました。
  いっぱい材料があって何から手を付けるか迷うところですが、ともかく旅の想いが新鮮なうちに着手しないとだんだん薄らいでゆきますので、思いつくところから描き始めてみました。

ルーマニアの避暑地シナイヤのペレシュ城付近です。あっさりとした童画風に描こうとしたら美しくなくなってしまった。
24cm×32cm

ヴェリコ・タルノヴォ(ブルガリア)  15×22cm

シギショアラ(ルーマニア)  15×22cm

ブラショフ(ルーマニア) の はがき絵

ブルガリア・ルーマニア編 第2回 2011年10月完成分

ブルガリア・ルーマニア編第1回2011年9月完成分

現地でペン書き、ホテルで着彩した2枚

このページの冒頭にあるにある建物の裏からみたところです。昔登山靴を買って今も持っているのですが、それがルーマニア製でした。登山がさかんな国なのだろうとは思っていました。こうした避暑地は冬場はスキーなど日本の信州のようなところだと思いました。
登山も長い間出かけてないし、脚力があるうちにゆかねばとまたゾロっと意欲が湧いて来ましたね。

15×22cm

ルーマニアの古都ブラショフの町です。旧市街を訪れるとついこんな横長のイラストを描きたくなります。もっときっちりすっきり描きたいのですが、長く時間がかかってちょっとずつ描きたすのできたなくなってしまいます。いずれやり直ししようと思いますが、さていつになることやら。

25×38cm

これも同じくブラショフの町
ホテルの窓から眺めたので、元になるスケッチは時間をかけることができました。

15×12cm

ブルガリアの古都プロヴディフでの
ハガキ絵3点です

ブルガリアのリラ僧院(左)とヴェリコタルノヴォ(右)のハガキ絵