2014年8月夏

ページの更新がおろそかになってしまった。インターネットの環境が日進月歩なので、なかなかついていけない。が、大方みんなそうだろうし、ついていかねばならない理由はないのだし、と言い訳をしてこの数ヶ月に描いたものからアップ。

保育園の海合宿で久美浜へ。うちの保育園の伝統的行事だ。海水浴、砂浜や磯での遊び、肝試しなど2泊3日。自分のこどもが園児の頃以来の付き添いだが、浜は当時とはそんなに変わってなく、民宿の町並みも当時と同じようで懐かしかった。こどもたちといっしょに泳いだりして、若い父さんたちなみにがんばったつもりだが・・・。

6月にインドへ。デリーやアグラの世界遺産を見に行ったのだが、強烈な印象をもった。過酷な気候と風土、宗教、繁栄と貧困、すべてが自分の考えている枠を超えているとおもいましたね。
下の人物はインドの織物工場の職人さん、描いているうちに仲代達也さんみたいになってしまった。

描きかけて途中でほったらかしになったものをなんとかフィニッシュまでもっていこうとした。そのためテーマも時期もバラバラ。
右は山の辺の道、萱生町の廃屋
下は明日香村稲淵

右はルーマニアのブラショフのハガキ絵
下は佐賀県呼子の漁師さん

尼崎港での3枚 遠景のためか騒音はほとんど聞こえない

地元伊丹や宝塚の風景2枚

大学合唱団の同期の仲間で恒例の旅。今回は知多半島。日間賀島から、半田、常滑へ。学生時代の合宿の気分でなんとも気楽で楽しい。海辺はおだやかな春だ。

京都岡崎で   美術展などで行くといつもここで立ち止まってスケッチメモ