大阪府能勢町の棚田で知られた長谷(ながたに)を歩いてきました。能勢電鉄山下駅から1時間に1本のバスに乗車して30分、下車してから歩くこと40分、平日だったので人影はほとんどなく静かな農村でした。とくに案内板もなく30年も前の登山地図をたよりに歩いてみたが、なんとかたどり着くことができました。それらしき看板は「ここは村の人たちが普通に生活しながら棚田を維持してきたところでプライバシーや生活に配慮を」というような趣旨のものがひとつあっただけでした。昨今の棚田ブームできっと休日などマイカーでたくさんの人出になるのだろうと思われるが、たしかに立派な水田が斜面に広がって素晴らしい景観となっていました。2枚のハガキ絵は棚田の高いところで描いてみたのだが、なんとパレットを忘れてしまったために彩色は帰ってからになりました。

サイズ表示のないものはすべてハガキ絵です

3年生の春の遠足に奈良の薬師寺に行きました。現地解散ののち時間があったので、まいもどって薬師寺周辺を陽が落ちるまで周辺を歩きました。池越しに塔が見れる写真を何回か見たことがあるので、その池を探したのですが見当たりません。ちょうど夕暮れの塔を撮ろうとしているカメラマンがいたので尋ねてみると、彼もそこから移動してきたとのことで親切に教えてくれました。そちらへ向かうと通りすがりのおばあさんが、自宅の近所だというので案内してくれました。
上の2枚は薬師寺すぐ横の神社の踏み切りと塔頭。夏に描いたので夏の絵のようになってしまいました。下の絵はそのカメラマンがいたスグ横で下絵を描いたもの。お互い考えることは同じですなぁ、と言わなかったが彼も思っていたに違いない。

23×31cm

ポズナン(ポーランド) ポズナン(ポーランド) ベルリン

試しにやってみようと描いてみた。実験みたいなものだ。出来上がりが想像できないので結構楽しいものだ。

今月の作品とはいうものの、前回の更新は5月の連休、今回は夏休み、というわけで、その間の3ヶ月に描いたもの。それで例によって一貫性がなく、いろんなものが混じっている。

當麻寺
17×13cm

大阪府能勢町
23×31cm

先々月の作品