直線上に配置
野球ゲーム
 私とポケットメイトの出合いは、この野球ゲームから始まりました。小さな銀色の玉を弾いて入った穴によってヒット、アウト、ホームランがきまります。そして、ヒットになると打ち出した玉がそのままランナーとなって塁を回るというアイデアにもひかれました。2つのチームを仮想してゲームをシュミレーションする事もできました。でも、ランナーをすすめる「カチッ」というギミックは使い過ぎのためか、今ではすこし安定が悪くなっています。