直線上に配置

小さな巨人TK-80

 思い返してみると、私が初めてコンピュータに出会ったのは中学生の時でした。当時読んでいた「ラジオの製作」という雑誌の中に、ある広告が目にとまりました。これがまさに「マイコン」つまりマイクロコンピュータと私の初めての出合いだったのです。そこには「小さな巨人はアイデアの泉」と書かれていました。それは日本電気(NEC)のワンボードマイコン TK-80の広告でした。


 
TK-80NECが作った当時ベストセラーになったワンボードマイコンです。コンピュータといっても、たった1枚のプリント基盤にICLED、テンキーが無造作にくっついただけのものでした。一体これのどこがコンピュータなのだろうと疑問に思ったものです。しかし、その広告の内容を読んでいる内にたったこれだけのものが時計になったり計算機になったり、様々な機械を制御できるという事を知って、私は次第にこのコンピュータに惹きつけられていきました。



 その後、昭和52年の秋に電波新聞社より月刊マイコンという雑誌が発刊されました。当時はまだコンピュータを扱う雑誌は少なかったので、私はこの雑誌を毎月購読するようになりました。雑誌の中にはコンピュータの仕組みやその作成の手順などが書かれており、中学生の自分にとってはやや難しい内容でした。また巻末には国内外のマイコンの情報が掲載されていました。TK-80以外にも、PET、Tandy Radio Shack、Commodore、Apple2などなど、今まで見た事もないようなマイコンが紹介されていました。



 やがてワンボードマイコンは様々なインターフェイスを持つようになって行きます。キーボード、ディスプレイ、フロッピードライブ(初期は8インチから、そして5インチ、3.5インチと普及してゆきます)などが装備されました。驚くべき事に先に述べたPETというマイコンは、外観はピラミッド型をしていて、その当時において既に上記のようなインターフェイスを一体化させていたのです。まさに未来を見越した素晴らしいコンピュータだったとい言えるでしょう。



 もちろんその当時のコンピュータには現在で言うオペレーションシステム(OS)はまだ存在していませんでした。。



 もちろんその頃のコンピューターには、今でいうオペレーティングシステムなる物は存在せず、Basic言語やマシン語などを自分で打ち込んでプログラムを走らせていました。まさに操らなければ、ただの機械の塊だった訳です。また、その頃のコンピュータ雑誌の巻末には必ずプログラムが掲載されていて、当時はこれらを1つづつキーボードから打ち込んでいました。


 70年代後半になり、NECはTK-80からTK-80BSを経て、Compo BS 80をいうコンポーネントタイプのコンピュータを作りました。白と赤のコントラストが美しいコンピュータです。私はこのType Aを購入してBasicを学びました。
     

     
     
 その後間もなく、
PC-8001が登場しNECはこの世にパソコンの概念を大きく打ち立てました。

 PC-8001は、コンパクトな本体にキーボードを装備し、専用モニターに接続するとフルカラー表示で様々なグラフィックを描く事を可能にしました。また、NEC独自のN-Basicを標準搭載し、プログラミング環境も整備されました。
 しかし、当時本体が20万円弱、モニターが16万円、さらにフロッピードライブが20万円と今では信じられない価格で、これらのシステムを1通りそろえる事はそう簡単に実現できるものではありませんでした。

                            


 大学生になってから購入したのがNECのPC-8801でした。

 CPUの処理速度は当時でも最速の4メガヘルツでした。この時に購入を迷った機種に、富士通のフラッグシップパソコンだったFM-7がありました。このFM-7は画像処理においては秀逸で、高速の描画処理能力は当時でもナンバー1でした。(特にPaintコマンドの実行などは一瞬の内に完了していました)
 しかし前述のような経緯より、NEC派の私は最終的にはPC-8801を選んだ訳です。

       

 記憶媒体としてはまだフロッピーが普及しておらず、カセットテープを用いてデータの記録や読み込みをおこなっていました。当然テープの読込みには非常に時間がかかり、さらに頻繁に読取りエラーが発生して初めからのやり直しを強いられていました。また、1つのソフト(プログラム)を読み込むだけでも何十分もかかっていました。

 その頃、アメリカではApple2というコンピュータが日本進出を伺っていました。とにかくApple2を支える膨大なソフトの多さに驚嘆し強い魅力を感じました。当時、日本では体験できないような素晴らしいコンピュータゲームも沢山そろっていました。「ウイザードリー」、「ウルティマ」、「タイムゾーン」、「ロードランナー」、「チョップリフター」と後になって結局ほとんどのソフトは日本のコンピュータへ移植される事となりました。しかし、このApple2は当時輸入という過程をとるためか50万円近い値段で、そう簡単に手が届く物ではありませんでした。その後CanonがApple社と提携して国内販売を担当しました。そして、現在のMacintoshへと進化をとげていったのです。また、不思議なことに当時のパソコン店にはApple2のソフトがすべて走るという格安の紛い物が売られていました。安いといっても20万円くらいはしたと思いますが、今から考えるとどこの会社が、どのようにして作ったのかは疑問のままです。


 その後、私はPC-8801MHを購入し、主の学生時代の実習のレポート作りに役立てました。

 当時のワープロソフトも、今のように使いやすいものではなかったので、文書の体裁を整えるのは大変難しかったのを覚えています。ましてや写真や図表を組み合わせる事は無理でしたので、プリントアウトした紙にコピーした素材を貼り付けていたものです。
 この頃から音の環境にはFM音源が採用され始め、世の中は次第にコンピューターミュージックの発展期へと入ってゆくのでした。

                    

 大学を卒業してからの初任給で購入したのが、ノート型パソコンの先駆けとなったNECの
PC-98 NoteSXでした。
 CPUの処理速度は12メガヘルツ、記憶媒体としては20メガバイトのハードディスクが内臓されていました。PC-8801の上位機種であるPC-9801がこんな小さな箱に収まっていること自体が私には信じられませんでした。
 結果として、このパソコンは私の大学院生時代を共に過ごし、研究データの分析や論文作成に多大な貢献を果たしてくれたのです。と同時に3Dゴルフゲームの「遥かなるオーガスタ」でゴルフを存分に楽しませてくれました(おかげでオーガスタの全てのホールを覚えてしまいました)。そういう意味では、当時の定価で44万円を十分償却したと自分では思っています。

                     
 その後に、アメリカへ留学してから現地で購入したのが、以前から憧れていたAppleのPowerBook 5300csでした。
 CPUの処理速度は100メガヘルツで、500メガバイトのハードディスクが内蔵されていました。PowerBookのCPUに初めてPowerPCが採用された機種であると同時に、後に故障や問題がもっとも多く取りざたされたパソコンでもありました(私は結局、帰国後にこのコンピュータの不具合にさんざん悩まされ、幾度となく修理に出す事になりました)。
 このPowerBookは、Maryland州Rockvilleのルート355
沿いのComputer Cityという店で購入しました。この店が開店する以前から道をはさんで向かい側にあったComp. USAとの競合に巻き込まれ、結局Computer City は敗北し開店後数カ月にして店を閉めざるを得なくなりました。そのようないきさつから、その後のパソコンのアフターケアは、Bethesdaという町にあるMac Upgradesというお店にお世話になりました。困った時は気軽にemailで相談できるし、お店の人の対応もよかったようです。
             
 さてComputer CityにPowerBookを買いに行った時の事です。
 黒人の陽気な店員さんが、いろいろとパソコンの説明をしてくれました。パソコンを購入後、家に帰り箱からPCを取り出してみると、なんと背面パネルの蓋がついていませんでした。翌日再び店に持ち込んで苦情を申し立てました。「こんな事があっていいのか」と強く言い寄ると「よくある事だよ」と笑ってあっさり片付けられ、あっさり新品と交換してくれました。

 当時Apple Computerは業績が芳しくなく、Microsoftに押され気味でした。日毎にコンピュータショップ内でのAppleのパソコンが占めるエリアが小さくなってゆくのがわかりました。Macintoshが影を潜めていった時期でもありました。さすがにこの時だけは、Appleの存続を疑いました。巷では他の会社にAppleは買収されるのではという噂も流れていた程です。それでもPowerBookを使い続けた訳は、留学先のラボで主に使われていたコンピュータがMacintoshであった事、そして私のボスがMacintoshをこよなく愛する人だった事に起因したようです。
 その後に、Apple ComputerはiMacで巻き返しをはかり見事復活を遂げました。


 現在は帰国後に購入したPowerBook Pismo(黒いPB最後の機種)を使用しています。処理速度はG3の400メガヘルツで、換装しなおした40ギガバイトのハードディスクを内臓しています。既に古い機種になってしまいましたが、この機種のデザインの素晴らしさは今でも高い評価に値すると言われています。とにかくAppleのコンピュータはデザインが秀逸です。
 現在使用しているこのPowerBookの後ろには、何となく昔のApple2の面影が見え隠れするような気がします。私のPowerBookの中には、Apple2 のエミュレータが入っており懐かしい過去のソフトを走らせる事ができます。

 定期的に開かれるエキスポでは、周りの人々をあっと驚かせる新機種をドラマチックに発表してゆくApple Computerです。そんなAppleの代名詞とも言われるスティーブジョブズ氏の健康状態が最近懸念されています。そんなApple Computerの事がいとおしく思えるのは、おそらくはこの会社の設立から今日に至るまでの過程を私が知っているからだと思います。