当院の紹介

玄関マットでクツの土を落としてから、院内には土足のままお入りください。その後は受付をおすませ下さい。受付カウンターの左側に荷物を置く棚がありますのでご利用ください。

受付をすまされましたら、ソファにすわってお名前が呼ばれるまでゆっくりとお待ちください。

小さな子どもさまにはキッズスペースがございますので、クツを脱いでお上がり下さい。絵本を読んだり、おもちゃで遊んで下さいね。

診察の順番が参りましたら診察室へお呼び入れいたします。診察室の正面には、旧医院の玄関上にあったドイツ語プレートを飾りました(これはドイツ語で耳鼻咽喉科医院という意味です)。

吸入治療では ナノ粒子ネビュライザー器を用意しました。細かい薬液の粒子がやさしく鼻からノドへ入って、悪いところを治してくれます。

耳の検査はここで行います。聴力と鼓膜の動きを計測します。また鼓膜マッサージ器を使った陽圧振動波による中耳マッサージ治療も行っています。

耳や鼻のレントゲンはここで撮影します。最新のレントゲン機ですので被爆量も最小限です。またデジタル処理をしますので、撮影後は短時間で画像を供覧する事ができます。

内視鏡を使って、耳や鼻、ノドの中を診察する事ができます。違和感や痛みはほとんどありませんので、安心して検査を受けることができます。

めまいの患者さまは、赤外線カメラで目の動きを観察します。内耳性のめまいの時は、目が特有の動きをするのでそれを見付けて診断する事ができます。

当院の歴史について

機器写真

昭和36年に私の父 武田政英がこの地(徳島本町:現在は新蔵町)に武田耳鼻咽喉科を開業しました。開院当初は3階建ての鉄筋コンクリートの医院でした。この時、私はまだ生まれていませんでした。

機器写真

昭和50年に医院は5階建てに増築されました。上階には手術室や入院室を備えていました。この医院で父は長きに渡って診療を続けました。私は平成14年4月から、この医院での診療に携わりました。一番私の記憶に残っている 思い出深い医院です。